【WordPress有料テーマ】SWELLを導入した理由【体験談】

【WordPress有料テーマ】SWELLを導入した理由【体験談】

この記事はWordPress有料テーマ:SWELLを導入した体験談です。

ごあいさつで書いたとおり、浦島太郎状態で10数年ぶりに個人サイトを立ち上げたワタシにとって、WordPressの有料テーマを買うまで、悩みに悩みました。

nojo

昔はhtml,css手打ちで作っていたから、お金かかんなかったし。。。。

という昔の感覚が強く残っていて、なぜか罪悪感さえ湧いてくる始末でした。

理由は後述しますが、今となっては心底、SWELLを導入して良かったなと思っています。

この記事がSWELL購入にお悩み中の方のお役に立てれば幸いです。

目次

WordPress 無料テーマ vs 有料テーマ どちらを使う?

WordPressには無料・有料のテーマがあり、まずは無料からスタートするのも手段のひとつだと思います。そういうワタシも最初は、

nojo

無料でいいやん

と思い、無料のテーマを反映し作業をはじめたんですが、そもそもWordPressのインターフェースにも慣れていないし、自分の経験則と勝手が違いすぎて正直とまどっていました。

10数年前にサイトを運用していたときは、ただの猫好きサイトで収益化を目標にはしておらず、htmlエラーチェッカーで80点とってりゃいいやぐらいのゆるい感じにしていました。逆に広告が入っているサイトはダサいとすら思っていた時代です。

ただし今回は、副業が解禁されたことで

みなさんのお役に立てそうな情報を提供し、広告による収益化を目標

にしています。

nojo

文字書きの仕事がしてみたかったの。

そのためしっかりとしたSEO対策が必要で、Google先生に認めてもらえるサイト内部構成にしなければなりません。

それを全部自分でこなすとなると、途方にくれる作業量です。。。たぶん途中で心も折れることでしょう。

天使ちゃん

ここまで考えるのに何日かかった?

nojo

に、二週間。。。

たいへん時間はかかりましたが、このような経緯・理由で、

どのみち慣れていないのだから、早期の段階でSEO対策をやってくれる有料テーマを導入した方が良い

と判断し、有料テーマ導入に至りました。

自分のサイトが検索エンジンに認知されて広がっていくまで、すごく時間もかかりますしね。早めに判断した方が良いと思います。

天使ちゃん

もっと早く気づけよ。

SWELLを購入するまでのプロセス

STEP
WordPress有料テーマをリサーチ

これまた先輩方が親切・丁寧なサイトをたくさんこしらえてくれていますので、参考にさせて頂いたサイトのリンクを貼らせて頂きます。

STEP
WordPress有料テーマを絞りこみ

上記サイトに「有料テーマ比較表」があると思うんですけど、選択肢を絞らないと永遠に悩むなと思ったので、上から3つの

AFFINGER5

THE THOR

SWELL

に候補を絞ることにしました。

STEP
AFFINGER5/THE THOR/SWELLの比較

機能別で比較したところ、圧倒的な大差はありません。

SEO対策でAFFINGER5とTHE THORが0.5リードしているとか、AMP(スマホ等のモバイル機器において高速に表示させる機能)の対応有無だとか、普通にサイト運営することにそれほど影響はないのかなと思いました。

ワタシは今のところ、「見てくれたら嬉しいな、お役に立てたら尚嬉しいな。」ぐらいのスタンスでやっているので、もう金額で決めようか・・・?とも思いました。しかし、価格も大差ないぞ。ああ、迷う。。。

STEP
ワタシの判断を可視化

迷った、困ったと思ったら、可視化が一番です。

  • 項目/優位なテーマ:参照したサイトで差分があった項目に対し、優位なテーマを記載
  • やりたいこと:実現したいことを記載
  • nojo判断:そうでもない or そう思う(緑マーカ)で記載

と定め、可視化してみました。

項目優位なテーマやりたいことnojo判断
SEOAFFINGER5 ,THE THOR何がなんでも検索上位を狙う!そうでもない
ASPAFFINGER5 ,THE THOR Googleモバイル高速表示機能を絶対使いたい!そうでもない
デザイン性THE THOR ,SWELLいい感じのサイトが作りたいそう思う
記事装飾SWELL 簡単にサイト全般を装飾したいそう思う
高速化THE THOR めっちゃ早いサイト表示を実現したいそうでもない
WordPress有料テーマ比較表 -nojo基準-

こうやって客観的に見ると、ワタシはデザイン性と記事装飾に重きを置いていることがわかります。たぶん、センスの欠片もないからでしょう。有料テーマに一番頼りたい部分はそこなんだ!と再認識させられました。

以上、2件の「そう思う」を満たしてくれるのは、SWELL だけになりましたので、購入を決めました。

SWELLを使ってみて、良かったこと

とにかくブロック単位の装飾が容易です。これをcssで書こうっちゃ、もう大変。

以下、特にワタシが気に入っている機能を紹介させて頂きます。

ボーダー設定

SWELLボーダー設定
SWELLボーダー設定

実際に使ってみます。

01の例です。リッチカラムだよ。

02の例です。リッチカラムだよ

03の例です。ただの段落だよ。

04の例です。ただの段落だよ。

とバリエーション豊かです。色はサイト全体設定で決定したカラーを基準にバリエーションが作られています。カスタムで設定も可能なようですが、センスのないヤツが多色使いするとろくなことがないので、デフォルトのまま使っています。

スタイル(ひとことメモ的)

SWELLスタイル一覧(ひとことメモ的用途)
SWELLスタイル一覧(ひとことメモ的用途)

サイトにアクセントをつけてくれるスタイルたちです。ひとことメモ的に使っています。試しに使ってみましょう。

いいねっぽいね

ブーブーブーブー

これはお知らせです。

みたいな感じです。1クリックで挿入できて本当に楽です!

スタイル(リスト対応)

SWELLスタイル一覧(リスト対応可)
SWELLスタイル一覧(リスト対応可)

こちらはリスト対応可能なスタイルになります。試しに使ってみますね。

  • 太郎
  • 次郎
  • 三郎

リストの種類も豊富です。

  • アメショー
  • スコ
  • ロシブル
  • 空気を吸っただけで太る
  • 水を飲んだだけで太る
  • ケーキ食ったらもちろん太る

操作手順は、リスト種類選択>グループ化>スタイル選択 です。

ふきだし

SWELLふきだし設定
SWELLふきだし設定

スラッシュふきだし[/ふきだし]を入力すると、上記の設定ウィンドウが表示されます。カラーも5種類ありますし、ふきだしの方向も左右選択できます。またカスタム設定することで、下記のようなアイコン+ふきだしも簡単に作成できます。

nojo

カスタム設定したら作れますよ。めっちゃ簡単。

文字ばかりのサイトって、読む気しませんもんね。たまにふきだしにしゃべらせると、読者の方も疲れないんじゃないかと思います。ちなみに設定方法は、

  1. ダッシュボードの「ふきだし」から、「新規追加」ボタンをクリック
WordPressダッシュボードのふきだし設定
WordPressダッシュボードのふきだし設定

2.設定画面で【アイコン画像】と【名前】を指定するだけ

【名前】はアイコン下の表示名になります。下図の例では「ヤバイ人」という表示名になっているのが確認できると思います。あとの細かい設定は適宜行い、公開ボタンを実行してください。次のスラッシュふきだし[/ふきだし]呼び出しで、ふきだしセットに表示されるようになります。

WordPressダッシュボードのふきだし設定>新規追加画面
WordPressダッシュボードのふきだし設定>新規追加画面

ボタン

ボタンの挿入も簡単です。スラッシュボタン[/ボタン]を入力>SWELLボタンを選択すると、下記の設定ウィンドウが表示されます。

SWELL_ボタン設定
SWELLボタン設定

試しに、

  • スタイル:キラッと
  • ボタンサイズ:標準
  • アイコン:歯車

で作成したのが、下記ボタンになります。

もちろん、ボタンにリンクを貼ることもできます。

まとめ

まだまだSWELLの良いところはたくさんありますが、導入を検討されている方は、SWELL無料体験版もあるようですので、お試しで使ってみるのも良案かなと思います。

SWELL で唯一デメリットを挙げるとしたら、「テーブルのセル結合ができないこと」(2021/12/27現在)ぐらいですかね。ま、軽妙なデメリットだと思います。

以上、ワタシのコウサツをまとめると、

  • 記事を書くことに集中したかったら、有料テーマを選ぶべし
  • 理由は、SEO対策やcss編集まで自分でやっていたら、時間がいくらあっても足りない
  • スタイルはSWELLにまかせ、記事執筆に全集中。ごみコンテンツ化を防止せよ(←対自分)
  • SWELLは誰でも直感的に使うことができる。複雑な設定はほとんどない。
  • 困ったら、SWELLの公式マニュアルへ。大変美しく、大変わかりやすい。
nojo

何はともあれ、ご自分の目で公式サイトを確かめてみるのが一番だと思います。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
目次
TOP
目次
閉じる