PythonインストールとPower Shellの初期設定を教本どおりにやってみる(文字化け対応つき)

PythonインストールとPower Shellの初期設定を教本どおりにやってみる(文字化け対応つき)

この記事では、

  • 最新Pythonをインストール
  • Power Shellの初期設定と文字化け対応
  • Pythonのバージョン確認

までを行います。

これからPythonをインストールしたいと思っている方のお役に立てれば幸いです。

目次

Python環境構築スタンス

Python環境っていくつか選択できるんですよ。Python単体インストール+Power Shellを使うとか、包括パッケージ版のAnacondaを使うとか。ワタシとしては楽なAnacondaを入れたい。がしかし、ここでは試験対策のためにAnacondaは使わないことにしました。

天使ちゃん

試験対策って何?

はい。今年もまた会社の「評価目標」を決める時期がやって参りまして、以前も仕方なくVBAエキスパートのスタンダード試験を受験した経緯があるんですけど。

年が明けたからといってネタがあるわけない。もう枯渇状態。本当に嫌だ。。。もうアラフィフなんです。「生きているのが目標です!」では通らないのでしょうか。あ、それとも学生時代に好き勝手していた罰でしょうか。。。

と永遠に言い続けたいところですが、仕方がないので、2つ掲げないといけない目標のひとつにPython3エンジニア認定データ分析試験に合格を設定しました。合格しないと諸々自腹になるんで、

教本どおりのPython環境( Python単体インストール+Power Shell )

を作っていきたいと思います。

天使ちゃん

教本って何よ?

nojo

「Pythonによるデータ分析の教科書」だよ。

Pythonのダウンロード

公式サイトで最新Pythonをダウンロードしましょう。

https://www.python.org/downloads/

にアクセスすると、

Pythonダウンロードページ
※2022/01/12現在の最新バージョンは、Python3.10.1です

が表示されますので、「Dowonload Python 3.xx.x」ボタンをクリックして下さい。

Chromeで実行すると、環境に対応したインストーラを勝手にダウンロードフォルダに保存してくれます。

Pythonのインストール

STEP
ダウンロードフォルダを開き、インストーラをダブルクリックして下さい。

※インストーラー>phthon-3.10.1-amd64.exeのことです。

ローカルフォルダ内のPythonインストーラ
ローカルフォルダ内のPythonインストーラ
STEP
インストーラが起動しますので、下記設定を行ってください

Add_Python 3.10 to PATH >チェックON後、Install Nowをクリックします。

※ Add…PATHのチェックをお忘れなく。

Pythonインストール > オプション選択
Pythonインストール > オプション選択
STEP
インストールが始まります

補足:この画面の前にシステムに変更加えますよ?いいですか的なメッセージが表示されたら、素直に「はい」をクリックしておいて下さい。

Pythonインストール中
Pythonインストール中
STEP
インストールが完了します

Setup was Successful】が表示されたら、インストールは成功です。「Close」ボタンをクリックして終了させます。

Pythonインストール完了画面
Pythonインストール完了画面
STEP
インストール後のプログラムを確認

スタートボタンをクリックすると、こんな感じになっていると思います。

Windows11 スタートボタン
Windows11では、インストール直後のプログラムが「おすすめ」に表示される

簡単に羅列すると、

  • IDLE:開発統合環境ツール
  • Python3.xx Manuals:ガッツリ英語のマニュアル
  • Python3.xx Module Docs:モジュール一覧
  • Python3.xx:Python単体

となっています。ここでは教本どおりPower Shellを使いますので起動確認だけ行って、先にすすみます。

Power Shellの起動と初期設定(文字化け対応)

Power Shellを起動

スタートボタン>検索欄に「power shell」と入力>管理者として実行するをクリックします。

Windows10の場合は、検索アイコン(虫眼鏡)をクリックすると、下図とほぼ同等の表示になります。

Windows11の場合:Power Shell起動方法
Windows11の場合:Power Shell起動方法

Power Shellが起動します。赤枠で示しているところですが、デフォルトで文字化けしちゃってますね。文字化け部分はおそらく日本語が表示されているはず。この文字化けを解消していきましょう。

Power Shell 初回起動時の文字化け
Power Shell 初回起動時の文字化け

Power Shell初期設定(文字化け対応)

Power Shellのバー(下図でいう付近)を右クリック>「プロパティ」をクリックして下さい。

Power Shellプロパティ
Power Shellプロパティ

フォント』タブをクリックし、フォントを日本語対応可能なMSゴシック等に変更してください。あと文字サイズも好きなように変更して、「OK」ボタンで確定しましょう。

ちなみにWindows11では、初期状態でConsolasフォントが設定されていました。

Power Shellのプロパティ > フォント設定
Power Shellのプロパティ > フォント設定

はい、文字化け解消しました。

Power Shell 文字化け解消

最後にPythonのPathが通っているか確認しましょう。python -Vと入力>[Enter]キーを押します。

Power ShellからPython -V実行
Power ShellからPython -V実行

上図のように、【Python 3.xx.xとバージョンまで表示されたら、Pathが通っています。

天使ちゃん

「Python」しか表示されない場合は?

nojo

インストール時に「Add Python3.xx.x to Path」のチェックを入れ忘れた人ですね。

天使ちゃん

どうすりゃいいのさ。

nojo

一番簡単なのは、Pythonインストーラを再度起動して「modify」することです。先輩方が作成された親切な参考ページを貼っておきます。

ちなみにPower Shellを終了するときは、exitと入力してください。ウィンドウも消えてくれます。

以上、PythonインストールとPower Shellの初期設定でした。お次は仮想環境作成あたりですかね。それはまた別の記事で。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
目次
TOP
目次
閉じる